店舗のBGMの著作権 JASRACなる顔の見えない怪しい会社

ある日唐突に封書が送られてきた。

店舗でBGMを流すと著作権料が発生するのでJASRACに使用の許可を取れと。

 

ご丁寧に振り込み書類と有線放送の申し込み書なども入っている。

なんじゃこれは?手の込んだ詐欺かと思いゴミ箱へ。

しばらくするとまた同じ封書が送られてきた。

10/3が期限で、許可を取れと。

 

嫌な気分でしたが、待合室ではラジコのインターネットラジオを使用しており許可は必要ないと記入して送り返したら、今度は電話がきました。

 

ラジコはインターネットラジオだから著作権料を払えと。

え?ラジオを聴くのに何故著作権料を払う必要があるの?

 

相手→そーゆーものです。

JASRACのホームページにはラジコは著作権料の対象にならないと書いてますが

 

相手→あら、掛け直します…

 

小一時間して電話が→ラジコは難視聴地域に限定してラジオ放送を無料で放送しているから、難視聴地域以外は著作権料を払えと

 

私→うちの店舗はラジオが入らないからインターネットラジオをきいてますが…

 

相手→そちらは難視聴地域ではありません、自信あります!

 

私→そちらできちんと調べて下さい

 

相手→うちでは調べません。

 

私→そもそもあんた誰かね?名刺を持って挨拶に来てちゃんと説明してください

 

相手→おたくがうちの会社に来て下さい

 

私→は〜⁉あなたの所属と役職を言いなさい

 

相手→何でそんな事を言わないとならんの?

 

 

内心半ギレでしたが、再度書類送りますとのこと。送る前に難視聴地域かどうか調べろよ!役職も言わないとは、いよいよ詐欺かもと思われても仕方がないでしょうが?(しかもこちらは患者さまのために働いているのに、営業電話で仕事を邪魔されて頭にくる(怒))

 

そもそもJASRACのホームページには難視聴地域以外は著作権料必要であるなんて書いてない

 

頭から湯気をあげながらも、FM北海道へ確認の電話をしましたが、エアGの担当者が良い人でして

 

そもそも電波は大樹町には届いてないし、JASRACは京都の雅楽の演奏に著作権料を払えと…700年前の伝統芸能ですよ。一体誰に著作権料を払うと言うのか?

 

FM北海道としては著作権料云々についてお話しする立場にはありませんが、心中ご察しいたします、いたたまれないですね…

 

いや〜さすがFM北海道!

AirG最高!

世の中悪い連中ばかりじゃあない、嬉しくなってしまいました。

 

にしてもJASRACの横柄な態度、あれはまともな会社のやる事ではないね。

 

電話と手紙と訴訟で金儲けできると思いこんでるふとどきな連中

 

久々に頭にきたので書いちゃいました。これを読んだら是非拡散して下さい

 

(頭の弱い営業電話の担当者には気をつけて)

 

 

 

 


 

コメント